• 月刊生産財マーケティング「2022年12月号」
  • 月刊生産財マーケティング「2022年12月号」

    日本機械工具工業会の統計によると、超硬工具・ダイヤモンド工具の2021年度生産高は前年度比22.4%増の3949億3300万円で、特殊鋼工具も同17.7%増の761億3200万円といずれも新型コロナウイルス禍の低迷からは回復傾向にある。自動車業界は欧州を中心に電動化が進む他、コロナ禍で大打撃を受けた航空業界も立ち直りの動きを見せており、新たな加工法の開発や難削材料の高効率加工のニーズは高まる。工具の性能の向上だけでなく、環境配慮やコスト高騰などの課題にも対応が求められ、工具メーカーのあるべき企業像は多様化している。将来への持続的な発展を実現するために社会の声に耳を傾け、変わり続ける情勢に柔軟に対応しなければならない。工具メーカー各社の次の一手とは。

  • 月刊生産財マーケティング「2022年12月号」

    日本機械工具工業会の統計によると、超硬工具・ダイヤモンド工具の2021年度生産高は前年度比22.4%増の3949億3300万円で、特殊鋼工具も同17.7%増の761億3200万円といずれも新型コロナウイルス禍の低迷からは回復傾向にある。自動車業界は欧州を中心に電動化が進む他、コロナ禍で大打撃を受けた航空業界も立ち直りの動きを見せており、新たな加工法の開発や難削材料の高効率加工のニーズは高まる。工具の性能の向上だけでなく、環境配慮やコスト高騰などの課題にも対応が求められ、工具メーカーのあるべき企業像は多様化している。将来への持続的な発展を実現するために社会の声に耳を傾け、変わり続ける情勢に柔軟に対応しなければならない。工具メーカー各社の次の一手とは。

月刊生産財マーケティング別冊

  • JIMTOF2022 第31回日本国際工作機械見本市ガイドブック

    JIMTOF2022 第31回日本国際工作機械見本市
    ガイドブック

    発刊日2022年10月25日

  • はじめての工作機械 副読本/改訂22版

    はじめての工作機械
    副読本/改訂22版

    発刊日2022年3月30日

  • 次のクルマの作り方

    次のクルマの作り方

    発刊日2019年3月15日

関連サイト

  • 出版

    ロボットダイジェスト
  • SEISANZAI JAPAN
  • 展示会

    MECT メカトロテックジャパン
  • ROBOT TECHNOLOGY JAPAN
  • イベント

    FA業界 新年賀詞交歓会
  • NDマーケティング大賞
page top

JIMTOF2022 第31回日本国際工作機械見本市ガイドブック


好評発売中!!
圧倒的な出展製品掲載数!
これを読めばJIMTOF2022の見どころが丸分かり!

詳しくはこちら
close

設備材を中心とする月刊専門誌。FA業界の動向やニュースに加え、毎月発表される工業統計の一覧など資料価値の高い記事も多く、ものづくりに携わる方々に有益な情報が満載です。

生産現場のロボット化と自動化を支援するウェブマガジン。産業用ロボットに特化した導入事例や先進企業の取り組み、統計データなどを毎日更新しています。

工作機械や周辺機器、加工技術などFA業界の最新ニュースを海外に向けて発信する英文サイト。新製品情報や最新ニュース、展示会レポート、工作機械関連の統計などの情報を英語でお届けしています。

ものづくりの中心地、中部地方で開催する日本最大級の工作機械見本市。国内外の工作機械やその関連機器などが一堂に会するのに加え、その時々の最先端技術を紹介する主催者企画など、充実した企画内容も大きな特徴の一つです。
次回は2023年10月18日~21日の4日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催します。

ものづくりの中心地、中部地方で開催する産業用ロボットと自動化システムに特化した展示会。製造業から物流、食品、包装を対象に、ロボットそのものだけではなく「ロボットの使い方」までを展示することで、より具体的に導入方法をイメージできる場を提供します。
2022年6月30日~7月2日の3日間、愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)で初開催します。

工作機械や周辺機器のメーカー、商社を中心に幅広い業種の首脳陣が参加する新年の催し。「NDマーケティング大賞贈呈式」や「業界展望」、業界トップの方々が今後のFA業界について語る「新春トップインタビュー」など多数のプログラムをご用意しています。

「月刊生産財マーケティング」の創刊20周年を記念し、1984年に制定。金属加工機械業界を中心とした生産財分野の優良企業、その経営者を対象とし、傑出したマーケティング活動を展開し、成果を収めたケースに対し、毎年、その功績と栄誉を称えています。